白髪染め 風呂場

白髪染めで風呂場が黒くなって主婦の私が解決した方法は?

今では、ドラッグストアで簡単に購入でき、自宅で手軽に白髪染めができるようになりました。
最近では独特のにおいも軽減され、さらに自分で染める方も増えたのではないでしょうか。

 

ただ自分自身で、自宅で白髪染めを行う際に気がかりなことがあるはずです。
周りを汚さないようにするのは、結構大変ではありませんか?
最善の注意を払っていても、なぜか壁や床に飛んでしまったり
飛び散った液を落とそうにも、水では落ちず、洗剤でも落ちず、シミになってしまった、
そんな経験をしている方も多いはずです。
とにかく飛散させないことが一番の解決法なんですよね。

 

あまり手間を気になさらない場合であれば
床に新聞紙をひいたり、ビニール袋をひいたりすれば、ある程度の汚れは防げます。
下にビニール、上に新聞紙を重ねてひくのがポイントです。
片付けも丸めて捨てればいいだけですし、お気に入りの染髪液を変える必要もありません。
ただお風呂場で染める方には、ぬれてしまうので不向きかもしれません。

 

最近では泡で染めるタイプも発売されているのをご存知ですか。
泡は付属の専用カップでしっかり泡立ててそれを塗るだけですので、飛び散る心配がありません。
しっかりした泡ができるので、液垂れも少ないですしいつの間にか床に落ちていたなんてことも防げます。

 

放置時間中に垂れてきてしまい、床を汚してしまった方もいるのではないでしょうか。
そんな方には、シャワーキャップの使用をおすすめします。
塗り終わったあと、シャワーキャップをかぶれば液垂れも防げますし
温まるので、染め上がりもきれいになるようです。

 

他には白髪染めもできるシャンプーやリンスなどもあります。
こんな商品であれば、お風呂場で使ってもまったく問題ありませんよね。
特殊な成分ですので、流したお湯で床が汚れることもありません。
もし飛び散ってしまっても、お湯ですぐ落とせます。
商品によってはトリートメント効果が得られるものもありますので
市販の白髪染めを行った後に感じる、髪の毛の痛みも抑えることができます。

 

まずは飛び散らせないことも大事ですが、もし汚してしまった場合は
すぐにお湯で流したり、洗剤で洗うことが大事です。
放置すればするほど、汚れは落ちにくくなってしまいます。

 

今まで洗面台やお風呂場、床や壁などを白髪染めで染めてしまった方も
ご自分にあった方法で簡単に防ぐことが出来ますよ。
ぜひ色々試して、ご自身にあった解決法をみつけてみてください。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法