白髪 苦労

白髪と苦労は本当に関係しているの?寿命は縮まる?

人より苦労をしていると、白髪が多くなるとよく言いますよね。
特に20代や30代で白髪が多くなると、人より苦労が多い生き方をしてきたと
心配されることもあるほどです。

 

それでは、本当に他人より苦労をしていると、白髪が多く生えてくるのでしょうか。
実は、白髪と苦労の間に因果関係はありません。

 

そもそも白髪が生えてくる原因は、メラニン色素を作るメラノサイトが
減少するからです。

 

なので、他人より多くの苦労をしていても、白髪が多くなると言うのは
単なる噂話でしかありません。

 

苦労と同じくストレスが多いと白髪が生えてくると言われることもありますが、
これも科学的に証明されていないのです。

 

またよく言われるのが、過度なストレスを一時的に受けると髪の毛が
全て真っ白になるという噂です。

 

深い悲しみなどに襲われたときに、一晩で真っ白になったという噂は
聞いたことがあるでしょう。
しかし実はこの噂は、絶対に有り得ません。

 

なぜなら、髪の毛は生えてきたときの色のまま抜け落ちるので、全ての髪の毛の
根元から毛先まで真っ白になることは有り得ないのです。
苦労やストレスと唯一苦労と関係しているとすれば、疲労です。

 

さまざまな苦労をしていると、他人より心と身体に疲労を多く蓄積するかもしれません。
その結果、メラノサイトなど全身の機能が弱まることで、白髪の原因になるのではと
考えられています。

 

しかしこの原因も、考えられる理由の一つでしかありません。
また白髪が多い人は、寿命が短いといった噂もあります。
この噂も、両者の間には全く因果関係がないので、事実とは異なります。

 

この噂の真実については、少し考えれば良くわかるでしょう。
100歳以上のお年寄りのほとんどは、髪の毛は黒々としていません。
みなさんほとんど白髪で、男性の場合には髪の毛がない人もいます。

 

髪が白くなることが寿命と関係があるのなら、髪がなくなることも寿命とは
関係あると考えるべきでしょう。
となると、若ハゲの人でも長生きしている人は多くいます。

 

それと同じく、20代や30代で白髪になっても、長生きする人は多くいます。
都市伝説のような根も葉もない噂があとを絶たないのは、白髪になる原因が
いまだ解明されていないことからです。

 

しかし、巷にある噂はどれもこれも真実とはほど遠いものです。
苦労をしたから多く生え、残りの人生が寿命が短いと思ってしまったら、
余計なストレスになります。

 

そのため、必要ない病気をしてしまい本当に寿命を縮めることになりかねないので、
噂は気にせずに生活してください。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法