白髪染めって

白髪染めってどのようなものなのですか? 完全に染まるの?

白髪染めってどのようなものなのでしょうか?また、完全に染まるのでしょうか?
白髪染めが髪の毛を染めるしくみは実はこうなんです。

 

白髪染めとは、酸化染料とアルカリ剤を含む1剤と、酸化剤である2剤を
混ぜて使うものがほとんどです。

 

1剤には髪を染める酸化染料としてパラフェニレンジアミンやトルエン-2.5-ジアミンなどが
含まれています。
2剤の働きによって酸化し、発色します。

 

また、1剤にはアルカリ剤としてアンモニアやモノエタノールアミンなどが含まれています。
アルカリ剤の役目は、キューティクルを開くことによって染料を髪の毛の内部まで送ることです。
キューティクルが閉じていると、染料が髪の内部に浸透しないからです。

 

また、アルカリ剤は2剤の働きを助け、酸化染料の酸化を促します。
そのことにより、髪の毛を脱色し、色を明るくする働きもします。
2剤は酸化剤として過酸化水素水が使われています。

 

酸化剤が酸化染料を酸化させて発色を促します。
酸化染料同士を結合させる役目もあります。
また、1剤のアルカリ剤と混ざる事によって酸化が促され、髪の毛を脱色する働きもします。

 

白髪染めとは、アルカリ剤によってキューティクルが開かれ、酸化により髪が脱色され、
酸化した染料が髪の内部に入りこんで髪を染めるというプロセスなのです。

 

髪の内部で酸化剤によって結合した酸化染料はもとよりも大きい分子になるために、
キューティクルの間から外にでることも出来なくなり、髪の内部にとどまります。
では、白髪染めって、白髪以外の髪は全く染まらないのでしょうか?

 

実は、白髪染めとは髪の毛を脱色しながら白い髪の毛も黒い髪の毛も同じように
染まるように出来ています。
最後に、白髪染めを使っても、完全に染まらないのは何故でしょうか?

 

白髪が染まりづらい理由は、メラニンという色素が原因です。
髪の毛はメラニンによって黒く見えていますが、白髪にはメラニンがありません。
毛髪のメラニンには金属が含まれており、その働きで染料の働きが強められます。

 

そのためメラニンが少ないと染料の働きが弱くなり、染まりづらいのです。
また、染料の量の問題もあります。黒い髪を茶色に染める場合、髪の毛の黒さを利用して
少ない染料で茶色を作ることができます。

 

しかし、白髪を黒くする場合、多くの染料が必要になります。
白髪を染めるだけの染料を使うと、元々黒い髪はさらに真っ黒に染まってしまうんです。
そのため、白髪を染めるだけの染料を白髪染めに入れるのは難しいと言われています。

 

また、黒い髪の中で、染まった白髪のような明るめの髪は目立ちますよね。
そのために、白髪がちゃんと染まっていないように見えてしまうのです。
それを避けるためには、全体的に明るく染めるのが効果的でおすすめです。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法