白髪染め におい

白髪染めのにおいが原因かも 私の子供は嫌がります

白髪染めのにおいが原因かもしれませんね。
私の子供はとても嫌がるんです。

 

近頃は市販の白髪染めでは、泡タイプ等も物が登場しているお陰で、
従来は浴室や洗面所等でしか使用できなかったのですが、
今ではリビングでも気軽に白髪染めをする事ができるようになっています。

 

その秘密は、泡状になっている薬剤が髪に良く密着してくれるので、
液だれの心配が軽減された事にあります。
それでもそれによって新たな問題も発生しているようです。

 

家族全員が集まるリビング等で簡単に白髪染めができるので、
テレビを見ながら白髪を染めていると、子供が嫌な顔をします。

 

私は白髪を手軽に染めたい一心でやっているだけなのですが、
やはり多くの白髪染めにはツーンと来るにおいのある商品が多いので、
どうやらそのにおいが原因かも知れません。

 

白髪染めをリビングでなくて浴室で行ったら子供が嫌がらないだろうと思い、
それ以来はリビング染める事を止めたのですが、
それでも仕上がった後のにおいは気になるようです。

 

特に髪が濡れている時はにおいが強く、染めてからも数日はにおいが続きますので、
髪を洗う度に早めに乾かすしか方法がないようです。

 

白髪染めのにおいは、短時間で髪の内部まで浸透して染め上げる為の
薬剤自体のにおいという事です。

 

白髪を染めるには通常のお洒落染めでは染める事ができない為に
白髪染めを使用するしかないのです。

 

子供に嫌がられないようにするには、やはりにおいの少ない白髪染めを
選択する事が一番となります。

 

市販の白髪染めにもにおいの少ない、若しくはにおいが無いという事を
謳っている商品があるので、そういった商品の購入がお勧めとなります。

 

白髪染めは髪にも地肌にも刺激が強いと言われていますので、理想で言うならば
自然素材を使用した白髪染めが一番良いと言えます。
代表的なものは「ヘナ」や「昆布」等から作られている物です。

 

こういった物は多少の素材の香りはしますが、ツーンという強い刺激臭がありません。
ただ、気になる程のにおいが無い事からもお勧めと言える自然素材の商品ですが、
こういった商品は即効性に欠けるという特徴があります。

 

市販の白髪染めの場合は塗布後に20分程放置をする事で、
一度に白髪を染める事ができます。

 

一方こういった自然素材のものは、毎日や週に何回かシャンプーの後に塗る事で
少しずつ髪に色が入って行くという性格の物となっています。

 

この点が市販の商品と比べた時の大きな違いと言えますが、定期的に
シャンプーの際に使う事で絶えず髪を染めている状態となるので、
髪が伸びて来ても安心という大きなメリットもあります。

 

髪と地肌の為にもこういった自然素材の染料がお勧めと言えるでしょう。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法