白髪染め 色が入りにくい

白髪染めで色が入りにくい時は明るめの色の方がいいの?

初めて髪の毛を染めてみようと思っているかたで、あまり明るい色は嫌なんだけど、
最初の時は色が入りにくいで明るめの色を選んだ方がいいのか、悩んでいる方は
意外に多いようです。

 

これは、あなたの年齢や、男性か女性、パーマなどをしたことがあるか、美容院での
ホットカラーなどの使用期間や頻度などによっても色の染まり具合の強弱はあるので、
一概に言えないのが正直なところです。

 

一般的ですが、黒髪からのカラーリングは色が入りにくいことが多いそうです。
だからといって、量販店やドラッグストアーで売っているカラー剤は、色も刺激も
強いものが多いので、最初からそのような染剤を手に取ることはしないほうが良さそうです。

 

また、市販の白髪染めなどはあなたの体質に合わない場合には、頭皮が荒れてしまう
ことも多いので、腕の内側に少しつけてみて、かゆくならないか、いわゆる「パッチテスト」を
試すこともはじめてのカラーにはおすすめします。

 

毛先のダメージが気になるのであれば、毛先にリンスやトリートメントを少しつけてから
染めるとダメージが減りますが、初めてのカラーでは色が入りにくくなるので、つけないほうが
いいかと思います。

 

美容院ではそのような不具合をなくすために、時間差で染めてみたり、髪に優しい薬を
毛先に使用したりします。

 

私が通っている美容師さんの話では、市販でも業務用でも、結局は色や明るさに
よるのであって、明るめの色だと白髪は染まりにくいですが、次に染める時に色が
入りやすい暗めの色を使うと、さらにその次に明るい色で染めたいと思っても
色が入りにくいのでなかなか明るくならないという事です。

 

白髪染めで髪を染めますと、どうしても多少色にムラが出るのは仕方がない
事だと思います。

 

当然、元々黒っぽい髪と白髪と両方を染めるので、白髪の方が薄く染まり、
早く色落ちするのも事実です。

 

私が思うに、最初、1〜2回についてはホームカラーで試してもいいですが、
その後のカラーチェンジやダメージを考えた場合には、出来ればサロンで
やった方が綺麗に痛みもなく仕上がるのは間違いないです。

 

ご自分でされている髪をよく見かけますが、色もムラムラ、明るさもムラムラ、
髪も痛みきってしまっている方が多いです。

 

忙しいのは大変かと思いますが、ぜひ美容院に足を運ぶ事を強くオススメします。
ちなみにヘナは、黒髪にはお勧めしません。
またヘアマニキュアも、ツヤは出るとは思いますが、黒髪にはあまり変身効果は少ないようです。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法