白髪染め ヘアマニキュア

白髪染めとヘアマニキュアとの違い 仕上がりがきれいのは?

ヘアカラーも実に様々な種類があり、ヘアマニキュアや白髪染めは特によく選ばれているヘアカラーです。
そして、同じヘアカラーといってもそれぞれ違う特徴がありますので、それぞれの特徴はよく理解して
おきましょう。

 

まず、ヘアマニキュアは髪の表面に色を入れるタイプのもので、内部までしっかり染められるものでは
ありません。
暗い部屋などではあまりカラーは目立たず、明るい太陽の下などに出たときに
さりげなく、カラーをしていることがわかる程度のものです。
それゆえに白髪が多い場合に白髪染めとして利用するのは難しいものがあります。
白髪をカバーする場合も、比較的白髪が少ない方に向いている方法と言えるでしょう。

 

そして、ヘアマニキュアはカラーもピンクやブルーなど華やかなものも多く、
黒髪に利用する場合は問題ありませんが、白髪の場合はその色がそのまま出てしまいますので、
白髪のカバーとして利用する場合はブラウンなど自然になじむ色を選んでおきましょう。

 

それから、ヘアマニキュアは髪に優しいですが、効果はあまり長く持ちません。
効果は2、3週間程度で、シャンプーするたびに少しずつ落ちていくこととなります。
それゆえに、雨の降っているときは汗を多くかくときは染料が衣服についてしまう場合も
ありますので、気をつけたほうがよいです。

 

白髪染めの場合は、よりしっかりと髪の内部まで色を入れていくこととなり、
よりきれいに髪を染めることができます。
そして、染料は髪の内部までしっかりと浸透しますので、効果も長持ち擦る傾向にあります。
しっかり染まる分、髪へのダメージもありますので、トリートメントなども行い、
髪のダメージを防いでいきましょう。

 

そして、今は白髪染めも多くの種類が登場しており、最初からトリートメントタイプのものもあり、
これなら髪をいたわりながら髪を染めていくことができます。
自宅で染める場合はこうした商品を活用してみるのも良いと思います。

 

それから、ヘアマニキュアの場合は色落ちがあまり目立ちませんが、白髪染めのヘアカラーの場合は、
染めている部分と髪が伸びてきた場合の段差がはっきりしますので、定期的に染めることが必要となります。
そしてこの場合も、髪全体を染めなくても、色が落ちた部分だけ染めることもできます。

 

効果をより長持ちさせたい、より白髪をしっかりとカバーしたい場合は白髪染めが向いていますし、
自然に白髪を目立たなくしたい、一時的に髪色を替えたいときはヘアマニキュアを利用するなど
使い分けることをおすすめします♪

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法