白髪染め ヘアカラー

白髪染めとヘアカラーとの違い 美容院で聞きました!

最近、鏡を見て、白髪がちらほらと目に付くようになってきたときに、白髪をどうにかしたけれど
白髪染めとヘアカラーのどちらが良いのかなと迷うことがありませんか?

 

そこで私は、白髪染めとヘアカラーとの違いを美容院で聞いてきました!
美容師さんによると、白髪染めとヘアカラーは別物なんだそうです。

 

両者とも、ホームセンターやドラッグストアーなどにも売られていますが、カラーリングのコーナーに並べられてはいるけれども白髪染め用、ヘアカラー用と分かれて陳列されています。

 

どちらも同じ髪を染めるものですが、白髪染めは白髪を染めるために作られています。
白髪染めは白髪に色を入れて目立たなくすることができますが、それだけではなく黒いままの髪も同じ色に染めることができますので、全体的に違和感のない自然な見た目に仕上げることができます。

 

これに対して、ヘアカラーは基本的に黒髪用に作られていますので、白髪に対してはきれいに色が入らないこともあります。
白髪が数本ほどであまり気にならない程度のものであれば、それでも白髪を目だらなくすることは可能ですが、
白髪の数が多くなって目に付くようになってくると仕上がりに違和感が出てしまうことがあり、白髪染めを使って染めたほうが、自然な髪色にきれいに仕上げることが出来るといった違いがあります。

 

髪へのダメージの違いはどうかと言うと、白髪染めは色気のない髪に色を入れるのでダメージがすくなそうと思う人も多いですが、実はどちらとも頭皮や髪の毛には負担をかけてしまうものなのです。
ヘアカラーは中断することも出来ますが、白髪染めの場合には白髪を目立たせたくないということで使いますから、長く使い続けることにもなります。
そういう面で見ると頭皮や髪の毛へのダメージを受けやすいと言えます。

 

そのためトリートメントタイプというものも販売されて人気が高まっています。
トリートメントタイプには美髪成分が豊富に含まれていて、それによって髪が傷まず、ダメージや刺激を心配することなく白髪を染めることができます。

 

自分で髪を染める場合、市販の白髪染めもヘアカラーも放置時間を守らないと頭皮や髪の毛に余計なダメージがかかってしまいますので、放置時間はきちんと守って使うことが大切です。

 

トリートメントタイプのものは放置時間には制限がありません。
自分で染める場合には手袋やヘアキャップなどの用意も必要になり、手間もかかることが多いです。
美容院で染めてもらうと、自分で染めるよりも頭皮や髪に与えるダメージが少なく、
仕上がりの失敗もないようです。

 

なんだか、美容院の宣伝になってしまいましたが、美容師さんにインタビューしたので仕方ないかな?

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法