白髪染めとは

白髪染めとは、どのように白髪を染めるのかご存知でしょうか?

サイト理念でもご紹介したとおり、私は自分の白髪に気がつくまでは世間で言うところの
白髪染めについて染まる仕組みを全く知りませんでした。

 

なので、ここでは白髪染めのしくみを分かりやすくご紹介したいと思います。

 

白髪染めとおしゃれ染め (黒髪用ヘアカラー) との違いなどや、
さらにクリームタイプと液状タイプの上手な使い分けなど、
普段使われている方にも、これからはじめる方にも役立つ情報となるように心がけました。
しばらくお付き合い頂けましたら幸いです。

 

 

まず、白髪染めは、どのように白髪を染めるのかご存知でしょうか?

 

当サイトのテーマの一つである「白髪染め」をはじめとして、今世に出回るヘアカラーのほとんどは
1剤 (酸化染料、アルカリ剤) と2剤 (酸化剤) のふたつを混ぜて使うものが一般的です。

 

前者である1剤の成分である酸化染料は、酸化剤によって発色し、髪を染める働きをしています。
また、酸化剤は1剤に含まれるアルカリ剤によって髪を明るくすることが可能となります。

 

白髪染めに含まれる成分のこれらの働きを知ることによって、白髪が染まる仕組みが
お分かり頂けるものと考えます。

 

私のご近所でも、最近人気の白髪染めは、トリートメントタイプのものが多いです。
なぜなら、使い方も簡単で、液だれもし難くいと言うのが主な人気の理由なのかも。
更に、人気の理由は、(私もこの点が納得です)、とても経済的だという点です♪

 

先程もお話しましたが、白髪染めには1剤と2剤があって、それらを混ぜて使い切ってしまう
タイプのものでした。

 

これだと最後まで使ってしまわなくてはいけないので、生え際だけとか、つむじだけとか、
少し染めたいという人には経済的とは言えなかったんです。

 

それに対してこのトリートメントタイプはというと、自分の好きなところに必要な量だけを使って、
残りをまた次に取っておくことが出来るので、とってもお得ですよね。

 

 

ところで、以前の白髪染めは、髪に付けた後、しばらく放置しておいて洗い流すものでした。
その間、洗面所やお風呂場などでじっとしていなくてはならないうえ、衣服や地肌に着くと、
中々落ちないというのも難点のひとつでした。

 

つまり、白髪染めをするとういうのは、おおげさではありますが、一大イベントと言ってもよいでしょう。
さらにあの、独特のツーンとした鼻をつく臭いも参りました。
水中メガネのようなゴーグルをかけたところで、目や鼻を襲う「ツーン!」からは
中々逃れることができません。
涙目に苦しみながら白髪染めをしていた人も多かったようです。

 

さて、現在、主流のトリートメントタイプですが、その名の通り、トリートメントしながら白髪染めをするため、髪にとっても優しいものです。

 

美容院などでもそうですが、髪を染める、と言われると、まず頭に思いつくのが髪の傷みなんです。
でもトリートメントしながらだと、いつもイメージするような白髪染めのハードルも低くなるものですね。
だって、液剤がお肌や服に付くのを気にすることもないし、白髪染めを長年愛用している私には、
とっても安全なシロモノと言え、今すぐ試してみたくなります!

 

このあとでは、冒頭でも申しましたとおり、白髪染めとヘアカラーとの違い、
白髪染めとおしゃれ染めとの違い、白髪染めとヘアマニキュアとの違いなど
その仕上がりの違いまでも具体的にご紹介していきたいと思います。

 

どうかよろしくお付き合いくださいね(^人^)

白髪染めとは、どのように白髪を染めるのかご存知でしょうか?記事一覧

白髪染めってどのようなものなのですか? 完全に染まるの?

白髪染めってどのようなものなのでしょうか?また、完全に染まるのでしょうか?白髪染めが髪の毛を染めるしくみは実はこうなんです。白髪染めとは、酸化染料とアルカリ剤を含む1剤と、酸化剤である2剤を混ぜて使うものがほとんどです。1剤には髪を染める酸化染料としてパラフェニレンジアミンやトルエン-2.5-ジアミ...

 

白髪染めとヘアカラーとの違い |美容院で聞きました!

最近、鏡を見て、白髪がちらほらと目に付くようになってきたときに、白髪をどうにかしたけれど白髪染めとヘアカラーのどちらが良いのかなと迷うことがありませんか?そこで私は、白髪染めとヘアカラーとの違いを美容院で聞いてきました!美容師さんによると、白髪染めとヘアカラーは別物なんだそうです。両者とも、ホームセ...

 

白髪染めとおしゃれ染めとの違い ダメージが大きのは?

髪の毛はその人の個性と言え、量が多い人や少ない人、色が濃い人や薄い人とさまざまいらっしゃいます。両親から受け継ぐ遺伝子により髪の量や色は変わってきます。髪を結んだりアレンジすることでおしゃれにもなり女性にとって髪は、おしゃれをする重要なアイテムでもあります。ですが一般的に言えば、男性も女性も年齢を重...

 

白髪染めとヘアマニキュアとの違い 仕上がりがきれいのは?

ヘアカラーも実に様々な種類があり、ヘアマニキュアや白髪染めは特によく選ばれているヘアカラーです。そして、同じヘアカラーといってもそれぞれ違う特徴がありますので、それぞれの特徴はよく理解しておきましょう。まず、ヘアマニキュアは髪の表面に色を入れるタイプのもので、内部までしっかり染められるものではありま...

 

白髪染めと髪色戻しの違い ダメージが大きいのは?

白髪染めと髪色戻しではどちらが髪に浸透してきれいな髪色となるのでしょうか。使用する薬剤にもよりますが、白髪染めの方がよく色が入り、長持ちもします。そもそも、白髪は色が入りにくいです。その入りにくい白髪に好みの色を入れるのですから、髪色戻しよりしっかりと染まってくれます。また、長持ちするのも白髪染めの...

 

白髪染めで黒髪は染めることはできるの?

白髪染めで黒髪は染めれるのか気になりませんか?髪の毛に白髪が増えているという人でも、髪の毛を黒く染めることができる専用の白髪染めなどを使用することによって、髪の毛を黒くすることも可能です。髪の毛を黒く染める方法としては大きく分けて2種類の方法があります。一つは白髪染めを用いて髪の毛を黒くする方法で、...

 

白髪染めのにおいが原因かも 私の子供は嫌がります

白髪染めのにおいが原因かもしれませんね。私の子供はとても嫌がるんです。近頃は市販の白髪染めでは、泡タイプ等も物が登場しているお陰で、従来は浴室や洗面所等でしか使用できなかったのですが、今ではリビングでも気軽に白髪染めをする事ができるようになっています。その秘密は、泡状になっている薬剤が髪に良く密着し...

 

白髪染めをしないと決めたんです。理由は?

あなたの周りに、白髪なのに白髪染めをしない人を見かけたことはありませんか?白髪がちらほらと目に付くようになってきたときに、白髪をどうにかしたくて、白髪染めをしたほうがいいのかなと迷うことがありますよね。でもかなりの白髪頭なのですが、いわゆる白髪染めはしていないかたがいらっしゃるのも事実です。そんな方...

 

結婚式で白髪は染めたほうがいい?

もうすぐ結婚式なので白髪を染めたほうがいいのか悩んでいる方はいらっしゃいますか?先日、地域の防災訓練があって、その時に、近所でお世話になっている方の息子さんがもうすぐ結婚されるという話を聞きました。でもただ、喜ばしいだけの話では終わらず、「ここだけの話だけど、最近息子の前髪の生え際から白髪が生えてき...

 

白髪染めで色が入りにくい時は明るめの色の方がいいの?

初めて髪の毛を染めてみようと思っているかたで、あまり明るい色は嫌なんだけど、最初の時は色が入りにくいで明るめの色を選んだ方がいいのか、悩んでいる方は意外に多いようです。これは、あなたの年齢や、男性か女性、パーマなどをしたことがあるか、美容院でのホットカラーなどの使用期間や頻度などによっても色の染まり...

 

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法