白髪染め カラー選び

白髪染めの色の選び方 わたしに一番合うカラーは?

かつては白髪染めと言えば黒一色でした。
しかし、最近は単に白髪を目立たせないようにするという目的だけではなく、どうせ染めるならオシャレに染めたいと希望する人が増えていることもあり、白髪染めにも豊富なカラー・バリエーションのある商品が多く提供されています。そのために実際に商品を選ぶとき、色選びに迷われる方も多いことでしょう。

 

そういうときは、まずは自分の好みの色を優先させてみましょう。ただ、注意が必要なのは、いくら好みの色であっても、自分の髪の毛の色に合っていないと、いかにも白髪染めをしているような仕上がりになってしまう場合があるということです。そうなってしまうとせっかくのおしゃれも台無しです。

 

白髪染めを自然な染め上がりにするための色選びで、まず気をつけたいポイントは、「自分の髪色にあった色選びをする」ということです。
そのためにはやはり、できるだけ自分の髪の色に近い色、もしくはマッチした色を選ぶ必要があります。

 

ちょっと極端な例を挙げれば、自毛が焦げ茶色であるにも関わらずブラックで染めてしまった場合、仕上がりはいかにも染めましたという感じになってしまいます。
ですから、まずは自身の髪色を把握し、それに合った色選びをするということは、とても重要です。

 

そして、白髪染めをするときの色選びでもう一つ注意が必要な点は、「髪質や白髪の量によっては、自分の髪色に近い色や合った色を基準にメーカーが表示している色を選んでも、若干の違和感がでてしまうことがある」ということです。つまり、髪質や白髪の量によっては、白髪染めの仕上がり具合が変わってきてしまうのです。

 

髪質の違いと染まり方について具体的な説明をすると、髪の毛の細くて柔らかい人は着色率が高く、硬くて太い人は逆に染まりにくいという傾向があります。

 

なので、明るめの色を選ぶ場合には、髪の柔らかい人はそのまま、硬めの人は表示されている色よりも明るい色を選んだ方が失敗が少なくなります。また、硬めの人は表示時間よりも、若干長めに放置するというのも一つの手です。ただ、これはやりすぎるとやはり明るくなりすぎてしまうので、適度な加減が必要です。長くても5分程度にしましょう。

 

また、全体における白髪の量によっても、仕上がりは異なります。白髪の多い人は明るい感じになり、白髪が少ない人は暗めの仕上がりになるのです。ですから、そのことを念頭に置いて、白髪の多い人は希望通りか1トーン暗めの色を選び、逆に少ない人は希望色より1トーン明るめの色を選ぶようにすると良いと思います♪

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法