白髪染め きれい

白髪染めできれいに染まります 初心者でも生え際まで黒髪に!

現在販売されている白髪染めはどれも非常に高性能になっています。
かつてまでは化学薬品の合成技術が未熟であったために安全性にかける成分が含まれていたり、
染め上がりにムラがでてしまうというようなこともありましたが、現在ドラッグストアなどで
販売されているものは、安価であってもかなりきれいに白髪染めをできるようになっています。

 

ですが白髪染めをよりきれいにしたいというような場合には、事前にコツを理解していることが
必要になります。
特に生え際のような部分に白髪染めをすると言うような場合にはなかなかうまく染めることが
出来ない人も多いため、これから白髪染めをしようという際にはよりきれいに仕上げるためにも
コツをしっかり理解するようにしましょう。

 

まず最も重要なコツになるのが「薬剤を髪の根元にまでつける」ということです。
生え際や根元が染まりづらい、ムラになるというような人の多くは「薬剤が根元についていない」
のが原因です。
髪の先にのみに薬剤をつけてしまい、根元や生え際にはほとんど付いていないままに
してしまっているためにうまく染まらないということになるのです。

 

そこで効果的な道具となるのがコットンやティッシュといったような、薬剤を吸収してくれる道具です。
まずは髪全体に薬剤を塗布して、その後で残った薬剤をコットンやティッシュにしみこませ、
髪の根元に貼り付けてやると、髪の根元や生え際までしっかりと薬剤を浸透させることが
出来るようになります。

 

また同様にチェックしたいのが「染める順番」です。
髪の毛は染まりやすい部分と染まりにくい部分があります。

 

特に白髪染めをするというような際に染まりづらい部分とされているのがえり足や耳の周り、
頭の前部分です。
こうした部分は普段どおりに薬剤を塗布しても、染まりやすい他の部分と比べて色に
ムラが出来やすいのです。

 

基本的に白髪染めの薬剤は「塗布した後時間をおくほど染まる」という性質がありますから、
まずはこうした染まりづらい部分を先に塗って、染まりやすい部分はあとから塗るというように
順番を工夫すると、よりきれいに仕上げることが出来るようになるのです。

 

もしこうしたコツをしっかり行ってもうまく染まらないというような場合には、美容院のプロに
依頼するというのも良い手です。
特に自分でやると見えない部分などが出てしまいますが、人に薬剤を塗ってもらうと
全体に満遍なく塗ることが出来ます。

 

根元だけがうまく染まっていない、生え際だけがうまく染まっていないというような場合には
「リタッチ」という形で、全体を染めるよりも安く染めてもらえることがありますから、
もし仕上がりに納得がいかない場合は美容院に依頼すると良いでしょう。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法