白髪染め 生え際 ムラ

白髪染めで生え際をムラなく綺麗に染める方法はありますか?

白髪染めで生え際をムラなく綺麗に染める方法があれば、知りたくないでしょうか?

 

私が通っている美容院で聞いてみたのですが、(もっとも私はつむじにある白髪です)
うまく染まらないと悩んでいる方で、よく見かけるのが、根本的に白髪染めの塗り方を
間違って使用されていることだそうです。

 

そこで、気をつけることは、基本は前から先に白髪染めを塗ることです。
なぜなら、短い髪が多い生え際などでは、どうしても染まりにくくなるからです。

 

もし、こめかみがうまく染まらないというなら、最初に、こめかみから染め始めると
うまくいきます。

 

そして、染めた後ティッシュなどに薬液をつけて、こめかみや生え際の部分に、
はりラップをつけ放置するといいそうです。
またはラップで巻いた上から蒸しタオルをするとムラにならないそうですよ。

 

ラップで上手に巻いたりすることができないかたは、シャワーキャップをつかうとOKとのこと。
確かにドラッグストアーなどで購入したものでは、白髪が集中してる生え際の部分は
染まりにくくなりますよね。

 

パッケージをよくみると、大体ですが、分量が約40g程度しかないので、一般の私たちが
きれいに染めるためには、髪が短い方でも、2箱購入して、染剤をたっぷりと使うことが
失敗しないコツといえます。

 

あと、ご近所の方でいえば、染めるのはスピード勝負だと言ってました。

 

たとえば、白髪染めが1剤と2剤あるとして、それぞれを混ぜて使う場合には、
両方を一緒にしたらパンケーキを作るときのように、1剤と2剤をムラなく均等に、
なおかつ素早く混ぜてるそうです。

 

また、白髪染めの品質自体にムラがあると、髪にも染めムラができやすいです。
でもこういうのは初心者には難しいので、泡タイプのものがいいかもしれないし、
できれば誰かに手伝ってもらうのもムラができずに染める方法だと思います。

 

白髪がまとまって生えている部分は、白髪がまばらな部分よりも幾分明るくなる傾向と
なりますので、まばらな部分よりかは、暗いトーンのカラーを使用すると各々平均に染まり、
見栄えも良くなります。

 

もしですが、まばらな部分が均等に染まらない場合は、手袋をした手でカラー剤を塗布したり、
普段より多い量を使用してみるのも良いかもしれません。

 

一般に、ヘアカラーは髪や頭皮が痛みますので、2ヶ月に1度ぐらいの使用にとどめることで、
あなたの髪を守って下さい。

 

頻繁に染めると、さらに脱毛の原因にもつながると思います。
なお、最近は、美容室で白髪を染める場合は、余程多くなければ、
白髪染めは使用しないところが増えてきているとか。

 

これは、カラー剤の日々の研究によって、効能の進化が著しいため、
一般のカラー剤でもある程度までは、白髪が染まるようになったからと言えます。
我が国の企業努力には本当に脱帽するばかりです。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法