シャンプー 界面活性剤

シャンプーに含む界面活性剤とは メカニズムを明かします。

シャンプーに含む界面活性剤とは?そのメカニズムを明かしたいと思います。
シャンプーなどの洗浄剤に含まれているものには界面活性剤が含まれており、
割合としては水の次に多く含まれています。

 

水が半数以上を占め、界面活性剤が全体の3割から4割を占めています。

 

この界面活性剤は、洗浄剤なので用途によってどの汚れを落とすかは異なりますが、
シャンプーでは皮脂、汗、ほこり、チリ、整髪料など、お湯だけでは落としにくい
汚れを洗剤の力を借りて落とします。

 

髪を洗うことに関しては、頭皮や髪についた汚れをきれいに洗い流すことを
主にしているので、傷みをカバーするものはトリートメントなどで補います。
界面活性剤には種類があり、特徴も異なります。

 

アルコール系の界面活性剤は「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」と
表記されています。
これは高い洗浄力があり、頭皮の脂も十分すぎるほど洗い流してしまいます。

 

カラーリングをしていたりパーマをしていたり、ダメージのある髪質や乾燥している
髪質や頭皮、敏感肌には適しておらず、ごわついたり乾燥によるかゆみにもつながります。

 

しかし、安く大量生産ができる洗剤なので多くのシャンプーに利用されています。
石鹸系の「オレイン酸Na」「ヤシ油脂肪酸K」は、高い洗浄力があり、アルコール系
ほど強くありませんが皮膚や髪に刺激を与えます。

 

「ラウレス酢酸」は、弱酸性なので頭皮や髪への刺激が少ないです。
石鹸系は全体的に髪が固くなってしまいます。

 

アミノ酸系の「〜グルタミン酸Na」「〜アラニンNa」「〜グルシンNa」は、
頭皮や髪に優しく洗浄力も高いです。

 

しかし、一般的な界面活性剤より高価になってしまうので、シャンプー自体も
高価になってしまいます。

 

ベタイン系の「ラウラミドプロピルベタイン」「コカミドプロピルベタイン」
「ココアンホ酢酸Na」はとても泡立ちがよく、刺激が少ないです。
赤ちゃん用のシャンプーとしても利用されています。

 

美容室などで多く使われているのは、アミノ酸系のシャンプーです。
それは髪に関して誰よりも知識が豊富で髪に関していいものを
使うようにしているからです。

 

美容室などで販売されているシャンプーは高価ですが、髪にいいものだからこそ
利用して販売もしています。

 

また、アミノ酸系の界面活性剤が含まれているシャンプーは汚れを落としながら
髪に栄養を補っています。

 

美容室などでスタイリングした後、普段とは違いとても髪がなめらかなのも
シャンプーの効果も影響されています。

 

普段使っているシャンプーについて、美容師の方に尋ねてみるのもいい話が聞けそうです。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法