毛髪 合成剤

毛髪の量が減るのは、合成剤の影響か? 原因を明かします。

毛髪の量が減るのは、合成剤の影響なのでしょうか?
ここではその原因を明かしたいと思います。

 

ヘアカラーを繰り返し使用していると、どうも生え際の部分が薄くなってきて
しまっているような感覚に陥る時があります。

 

実際に毛髪は薄くなっており、徐々にではあるものの頭皮が見え始めて
しまっているのがわかってきます。
このような現象は一体何なのか、その原因を徹底的に探っていくことにしましょう。

 

毛髪を染色する際には、タイプによって髪の構造の土の部分に色を
入れるかに分かれてきます。

 

例えば、脱色をする場合には髪の一番芯にあたる部分の色を縫いてから
カラーを入れるので髪が黄色がかったような色になることがあります。

 

髪の芯の色を脱色することから、カラーリングもしやすく好みの色がよく映えるように
カラーリングをすることが出来るようになります。

 

時々芸能人たちはピンクや緑といったドギツイ色にカラーリングをしていますが、
芯に当たる部分を脱色してからカラーを入れることから発色があのように良いのです。

 

ただ、脱色したうえでカラーを入れる場合に合成剤の効果によって
髪がアルカリ性へと変化します。

 

通常の毛髪は弱酸性なので、アルカリ性へと変化させられるというのは
かなりのダメージを毛髪へ与えるということとイコールであります。
合成剤を含むヘアカラーを何度もしていると毛髪のもウコンの力が弱くなってきます。

 

それによって髪の毛が抜けやすくなったり、髪一本一本が細く弱くなってしまうので
合成剤を含むヘアカラーは薄毛が気になってきた人の場合には避ける必要があります。

 

それでも職種によっては白髪のままではダメだというところもあり、やむを得ずヘアカラーを
しているという人も世の中には存在します。
そこで便利なのがヘナという植物から出来たヘアカラーです。

 

髪を優しくコーティングするようにヘアカラーを行うために髪自体を傷めることがありません。
最近ではヘナ染を専門に扱う美容室が増えてきており、頭皮が気になりだした中年層から
高い支持を集めているようです。

 

植物を配合してできた特別なヘアカラーは髪をアルカリ性へと転じることなくカラーリングを
することが出来るようになっています。

 

毛髪というのはダメージを受けやすく、傷みやすいのでできればダメージを与えない染料を
使用してカラーリングをすることが好ましいです。

 

どうしてもという場合には、トリートメントなどの技術のある美容院でカラーリングを
すると良いでしょう。
市販のものはできるだけ避けたほうが得策であると言えます。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法