白髪染め アレルギー 成分

白髪染めのアレルギーの原因となる成分は?リスクを知るために

現代では様々な化学薬品が利用されるようになっています。
人工的な手法で合成される化学薬品は人が期待している効果を効率的に発揮できるため、
しっかりと利用することが出来れば非常に便利な存在です。

 

中には「化学薬品を利用しているものはすべて体に悪い」と思っている人もいるのですが、
実際にはそういった人体に悪影響がある薬品はごく僅かです。
日本では他国と比べても製品に混入させる成分については厳格な取り決めがありますから、
ほとんどの場合は安全といえるのです。

 

ですが注意をしなくてはならないのが、アレルギー体質についてです。
アレルギー体質とは特定の成分に対して免疫反応が強く反応してしまい、人体に大きな悪影響が
及ぼされるという生理反応です。
このアレルギーが発症する原因はいまだ明らかにされておらず、時としてそれまで無かったアレルギーが
ある日突然現れることもありますから注意が必要です。

 

そして白髪染めをした際に皮膚がピリピリするというのであれば、それは白髪染めに含まれる成分に対する
アレルギー反応が出ている恐れがありますから非常に注意をしなくてはなりません。
白髪染めに含まれる成分の中でも特にリスクが大きいのが「ジアミン」と呼ばれる化学物質です。
ジアミン系の中でも白髪染めには特にパラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンといったような薬剤は
アレルギー反応を引き起こすことがあり、一度発症すると一生改善されることがありません。

 

「皮膚がピリピリする程度だから」というように考えて使用を継続してしまうと、時として
呼吸困難をはじめとする致命的な症状が引き起こされることもありますから、
もし疑わしいと思った場合には使用を取りやめなくてはなりません。
こうしたリスクを知るためには、ジアミン系の物質が含まれている薬剤を使用する前に
パッチテストを行うことが重要です。

 

皮膚の目立たない位置に白髪染めの薬品をつけて、24時間以上放置するというのがその方法ですが、
もしパッチテストで違和感などを感じたという場合には危険性が高いとして判断することが出来るでしょう。
万一パッチテストで反応があった、実際に使用した際にアレルギー症状が出たというような場合には、
化学物質が含まれていない自然成分配合の白髪染めを利用するようにしていくと良いでしょう。

 

自然成分配合の白髪染めは比較的高価ではありますが、命とお金を天秤にかけることは出来ません。
症状が出たというときはそれが僅かであっても甘く考えず、用心して使用を取りやめることが
必要になるのです。

白髪染めのアレルギーの原因となる成分は?リスクを知るために記事一覧

シャンプーに含む界面活性剤とは メカニズムを明かします。

シャンプーに含む界面活性剤とは?そのメカニズムを明かしたいと思います。シャンプーなどの洗浄剤に含まれているものには界面活性剤が含まれており、割合としては水の次に多く含まれています。水が半数以上を占め、界面活性剤が全体の3割から4割を占めています。この界面活性剤は、洗浄剤なので用途によってどの汚れを落...

 

毛髪の量が減るのは、合成剤の影響か? 原因を明かします。

毛髪の量が減るのは、合成剤の影響なのでしょうか?ここではその原因を明かしたいと思います。ヘアカラーを繰り返し使用していると、どうも生え際の部分が薄くなってきてしまっているような感覚に陥る時があります。実際に毛髪は薄くなっており、徐々にではあるものの頭皮が見え始めてしまっているのがわかってきます。この...

 

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法