白髪隠す ウイッグ

白髪を隠すのはウイッグで大丈夫?

あなたの白髪を手っ取り早く隠す方法としてウイッグはどうでしょうか?
年齢を重ねると肌が老化する様に髪にも老化現象が表れてきます。
髪にはハリやコシが無くなり、白髪が目立つ様になって来るのです。

 

今、薄毛になるメカニズムは解明されつつあり、病院で薄毛治療などで
薄毛の殆どは改善すると言われています。

 

しかし、白髪についてはまだ、そのメカニズムについて解明されていない様です。
ですから、一度白髪になった髪を元に戻す事は今のところ出来ないのです。
今後、白髪を元の黒髪に戻す事が可能になるかもしれませんが、まだ先の話でしょう。

 

出来てしまった白髪は抜くと他の髪も刺激されて白髪になると言われています。
ですから、白髪は抜かずに根元で切る事をオススメします。
大量の白髪になってしまった場合はカラーリングで染めると良いでしょう。

 

美容院で白髪染めしてもらう事は勿論、今は自宅で自分で出来る
白髪染めも数多く発売されています。
髪を梳かすだけで染める事が出来るので、大変お手軽なのです。

 

ただし、キレイに髪をあまり痛めずに白髪を染めるには、やはり美容院で
プロにカラーリングしてもらうのが一番でしょう。

 

1ヶ月か2ヶ月に一度位の割合で染める事をオススメします。
しかし、中には頭皮が弱くてカラーリング出来ない方もいます。
カラーリングの液は頭皮に沁みて大変痛いそうです。

 

ある程度の年齢であれば、白髪を染める必要も無いでしょう。
しかし、最近では10代や20代の若い世代でも白髪に悩んでいる方は
意外と多いのです。

 

また、年配の方でも白髪は老けて見えるので嫌がる方もいます。
頭皮が弱く、白髪をカラーリング出来ない方には白髪を隠すウイッグがオススメです。

 

ウイッグには部分用や全体用など色々な種類があります。
頭部全体が白髪で覆われている方は白髪を隠す為に全体用のウイッグがオススメです。

 

前髪や生え際だけの一部分だけでしたら、部分用のウイッグが白髪を隠すのにオススメです。
そして、出来れば人工毛にしましょう。

 

やはり人の毛の方がしっかりと馴染み、ウイッグとばれない可能性が高いです。
白髪を隠すのが目的であれば、少しお値段は高いですが人工毛にしましょう。
ウイッグは白髪を隠す目的の他にイメージを変えるメリットもあります。

 

ボブやロング、セミロングなど色々な長さを揃えて、ウイッグを楽しみましょう。
白髪で悩むと更に白髪が増えると言われています。

 

白髪を隠す為と思い込まずに色々なイメージを楽しめると気持ちを切り替えて、
ウイッグを楽しんでしまいしょう。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法