白髪染め 薄毛

白髪染めを使うと薄毛になるって聞いたけど本当なの?

最近、白髪染めを頻繁に使うと薄毛になるって聞いたけど本当なの?
って不安に思う男性や女性が多いのだそうです。

 

髪の毛は、血液によって毛乳頭に届けられてきた栄養素により毛母細胞が
分裂する事で新しく作りだされます。
毛母細胞の分裂の頻度が少なくなる事により、髪の毛が不足する薄毛という
症状となります。

 

以前は男性特有の症状と考えられていましたが、近年では薄毛に悩んでいる女性も
多数いる事が明らかになっています。
ただし、男性と女性では薄毛になる原因に違いがあります。

 

男性の場合は、男性ホルモンが変換されて作りだされた物質の作用である
皮脂の分泌量の増加が直接的な原因です。
皮脂により毛根が塞がれてしまうので、髪の毛が正常に成長する事が出来なくなり、
症状が進行する事になります。

 

生え際から頭頂部にかけての部分に集中する事が特徴で、最終的には毛根は
完全に塞がれてしまいます。
この症状は男性特有の症状であり、女性の薄毛はこれ以外が原因となっています。
血行や栄養不良、ストレスや女性ホルモンの低下等の様々な原因が考えられており、
特定の部分だけではなく髪の毛全体が細くなってしまうのが特徴です。

 

ただし、男性のように毛根自体が機能しなくなるという状態にまで進行するケースはまれであり、
適切なケアを行う事により正常な状態に回復する事が可能であると考えられています。
薄毛と共に頭髪に関しての悩みである白髪は、髪の毛に色を付けているメラニンが不足した
事による現象です。
薄毛同様に、様々な原因で進行します。

 

これを改善するために考案された商品が白髪染めであり、アルカリ剤により髪の毛の内部に
誘導し酸化剤により発色させるという内容です。
白髪染めが薄毛の原因となると考えられているのは、髪の毛や毛根にダメージを与えてしまう
可能性があるからです。
白髪染めは髪の毛の内部に色を送り込むので、保護する役割を担っているキューティクルを
開かなければなりません。

 

キューティクルが開いたままの状態になると髪の毛は非常に切れやすくなってしまいます。
このために、多くの白髪染めではキューティクルを保護する様な成分を配合して製造しています。
現在の白髪染めは染めるという事と共に守るという事も目的として製造されており、天然成分を
配合した商品も多数開発されています。

 

頻繁に白髪染めを行ったとしても必ずしも頭髪に悪い影響を及ぼさないように工夫が施されています。
ただし、頭髪や毛根の状態は個人差があるので、慎重な商品選択が必要です。
さらに、異常を感じた場合には使用を中断するという様な工夫も求められています。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法