白髪 隠す方法

白髪を隠すいい方法は? 以前から前髪が気になるんです。

白髪を隠す何かいい方法はないものでしょうか?
髪の毛の一部分だけ白髪になったら、ものすごく気になりますよね。
特に前髪に白髪が多くなると、隠すのが大変です。

 

前髪など、髪の毛の一部分だけに白髪が生えるのは、頭皮の血行に関係しています。
白髪の原因の一つは、頭皮の血行不良です。

 

血行が悪くなることで、その部分の血のめぐりが悪くなり、髪の毛が白くなっていくのです。
なので、髪の毛の一部分だけが白髪になっている人は、その部分をマッサージしてください。
手で適度にマッサージをすることで血行が良くなり、白髪が改善することもあります。

 

また、寝ているときの姿勢にも気を付けましょう。
例えば前髪が気になる人は、いつも上を向いて寝ているはずです。

 

上を向いていると前髪の方に血が流れていかないので、その部分に集中して
生えるようになります。
ですから、たまには横を向いて寝てみると、血行が改善されて髪の毛も黒くなるでしょう。

 

右や左、うつぶせで寝ている人も、上になっている部分は白髪になりやすいので、
マッサージや寝る姿勢を変えて血行をよくしてください。
しかし、血行を改善したとしても、すぐに白髪が黒くなるわけではありません。

 

なので、いろいろな隠す方法を試すことになるでしょう。
一度は誰でもやるのは、白髪を抜くことです。
1本や2本なら見つけたときにパッと抜けるので、つい抜いてしまう人もいるでしょう。

 

しかし、隠す方法として抜いてしまうのは、一番やってはいけないことです。
なぜなら、抜いてもまたそこから生えてきますし、薄毛の原因にもなります。
ですので、鏡を見て白髪を見つけてしまったら、絶対に抜いてはいけません。

 

抜くなら、はさみで根元から切ってしまいましょう。
根元から切ってしまえば、伸びてくるまではほとんど目立ちません。

 

直接抜いたり切ったりする以外の隠す方法としては、染めるのも
よく使われる隠す方法です。
染めるときの注意点としては、明るい色で染めることです。

 

真っ黒に染めてしまうと、目元が白くなってきたときに目立ちます。
隠す方法としては逆効果になるので、明るいブラウン系の色にすると、
根元が白くなってきても目立つことはありません。

 

また隠す方法としては、ウイッグを使う方法もあります。
ウイッグなら広範囲を隠すことができますし、白髪染めよりも手間は必要ありません。

 

ただしウイッグは、前髪だけ気になるときにはあまり役に立ちません。
白髪の隠す方法は、隠したい髪の毛の量などを考えながら選ぶようにしてください。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法