白髪染め 色落ち

白髪染めで色落ちしない方法 地肌にやさしく刺激もないです

男性も女性も、ある程度年を取ると、髪の毛に白いものが混じってくるのは仕方が無い事ですね。
でも、今は様々な白髪染めが出回っており、サロンで染めても、自宅で染めても、
美しい仕上がりを楽しめるものが、多く存在します。

 

さて、この白髪染め。一度綺麗な色が髪の毛に入ったら、何時までもその色を持続させたい
と言うのが人情です。
しかし、実際には時間が経過するにつれて、白髪染めの色は徐々に色あせてしまうのが現状のようです。
この白髪染めを施した髪の毛にとって、避けては通れない色落ち。

 

この白髪染めの色落ちを、地肌に優しく、尚且つ敏感な肌にも刺激無く保ち続ける方法には
どの様なものがあるでしょうか。
その秘密は、ズバリ毎日のお風呂での洗髪にあります。
というのも、水道水には水の中の雑菌の繁殖を防ぐために、消毒用の塩素剤が含まれて居ます。
実はこの塩素の成分が、髪の毛の色落ちの原因なのです。

 

思い出してみてください。あなたの学生時代に、毎日プールで泳ぐ水泳部の部員の髪の毛が、
脱色したような色になってしまっている人はいなかったでしょうか。

 

あれは、塩素によって髪の毛の表面がダメージを受け、内部まで浸透し、変色してしまった結果なのです。
その昔、毛染めの技術が今ほどよくなかった時代は、この塩素で髪の毛を明るい色に使用としたほどですから、
この成分がどれだけ髪の毛に強い影響を及ぼし、ダメージを与えるかは容易に想像できますね。

 

そしてそのダメージと変色は、白髪染めをした髪の毛にも同様に影響を及ぼします。
そしてそのダメージは、髪の毛を水道水で洗うたびに起こりうるリスクです。でもご安心を。
これ等の変色のリスクは、地肌に優しく、しかも刺激も無い、簡単な方法で避ける事ができます。

 

それは、白髪染めや染毛専用のシャンプーやトリートメントで髪の毛を洗い、保護する事です。
これらのシャンプーやコンディショナーであれば、水道水に含まれる塩素の成分を中和してくれるので、
ヘアカラー後の髪の毛にも安心して使用する事ができます。

 

もしあなたが今まで、ヘアカラーや白髪染めをした後に、髪の毛の色落ちがひどいと感じているのであれば、
これらのヘアカラーと白髪染め専用のシャンプー等に変えてみるのが良いでしょう。
最近ではこれらの製品も非常に進化しており、地肌と髪の毛に優しい成分や、
養分をよりあたえてくれる成分が配合されたものも多く流通しています。

 

あなたの美しい白髪染めの色を健康的かつ上手に保つには、これ等のものを上手に利用できたらいいですね♪

白髪染めで色落ちしない方法 地肌にやさしく刺激もないです記事一覧

白髪染めは汗で色落ちしますか? せっかくの黒髪が!

市販の白髪染めは汗で色落ちするのか不安に思ったりしたことはありませんか?白髪染めの方法には大きく分けると髪の内部から染めるものと髪の表面を染めるものがあります。内部から染めるタイプのものは汗で色落ちするということはほとんどありません。染めた直後は白髪染めの薬剤が完全に落ち切っていないこともありますの...

 

白髪染めをして、プールに入ったら色落ちするの?

白髪染めをして、プールに入ったら色落ちしないか心配したことがありますか?私は、ヘアマニキュアを使っていないので、色落ちしたことはありません。もっとも、水泳帽子を被って泳いでいるからかもしれません。白髪染めでも、ヘアマニキュアというのはヘアカラーと違って、髪の毛の中まで浸透しません。したがって、髪の毛...

 

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法