髪 ヘナ 染める

髪をヘナで染めてみようと考えてるが、何か悪影響はないの?

髪をヘナで染めるときに悪影響を心配する必要はありません。
しかし、製品となっているものを利用するときには成分のチェックが大切です。

 

アレルギーなど体質は人それぞれ違いますので、どの程度の品質のものを
利用するべきなのかは人によって違います。
ヘナ100%の製品の場合、ヘナそのものにアレルギーがなければ心配はありません。

 

しかし、ヘナはカラーが限定されているため、他の植物を混ぜて色を出すように
なっている製品もあります。
その場合、その植物へのアレルギーの有無なども確認する必要があります。

 

ヘナで染める時には、水で溶いたりと手間がかかります。
塗った後も時間をおく必要があり、キチンと時間をとって染めなければ
いけないという欠点があります。

 

自然の力を使って染めることができますので髪や地肌に優しいですし、
傷んだ髪の毛を丈夫でしなやかにするトリートメントの効果もありますので、
悪影響どころか綺麗にしていくことができます。

 

時間がかかるという欠点はあるものの、悪影響は考えにくいです。
ヘナにアレルギーがないのであれば安心して使うことができます。
天然100%のヘナを使うときに考慮すべきことは、時間や手間がかかることです。

 

ヘナは、皮膚病の予防など薬として使われていたものですから、髪や頭皮を
元気にしていく働きを期待することができます。

 

髪の表面をコーティングしてくれますので、保湿力が高まり、くせ毛の改善にも役立ちます。
また、コシを強くしてくれる働きもありますので、ネコ毛の方が使うときにもメリットがあります。

 

デメリットとして考えられることは、時間がかかることと、カラーを選べないこと、
個人の髪質や元々の色によって染めたときの色の出方が違ってくること、
などがあげられます。

 

また優しく染めていくために、思っていたほど色が付かないということも考えられます。
髪が太い方が手間や時間をかけて染めたのに思ったほど色が付かなくてガッカリする
ということも考えられますので、しっかり染めたいという方には向いていません。

 

ヘナそのものを使って染めるだけでなく、ヘナを使った製品を使って染める
という方法もあります。

 

ヘナを使っているトリートメントやシャンプー・リンスなどを利用すれば、
手間をかけずに染めることができます。

 

製品になっているものを利用するときには、相性やアレルギーの問題が
より強くなります。
自分に合った製品を慎重に選んで利用するとよいです。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法