ヘナ 毛染め

ヘナで毛染めがしたい わたしでも簡単にできましたよ!

白髪が沢山あるとやはり見た目にあまり良くないという事もあり、
毛染めをされている方も沢山いらっしゃいます。
しかしながら、市販のカラーリング剤で染める場合ですと髪の毛の傷みが
気になってしまう事もありますよね。
白髪の無い状態をキープする為には何度も染める必要がありますので、
余計にダメージが気になってしまうものですが、
そういった時には毛染めにヘナを利用してみるのも良いのではないでしょうか。

 

ヘナですと自然の力によって優しく染める事ができますし、化学成分による毛染めと違い
髪の毛にダメージになってしまう事がありません。
また、頭皮にも優しいですし、しかもトリートメント効果もありますので、
優しく白髪対策をする事ができますよ。

 

では、ヘナで染める場合はどういったやり方をすれば良いのかという事ですが、
まずはヘナをぬるま湯で溶かすところから始めます。
その際にはダマにならないようにしっかりと混ぜる事が大切です。

 

混ぜ終えたらヘナを髪の毛に塗布する事になりますが、その際にはカラーリング剤で
染める時と同様、事前にシャンプーを行い綺麗な状態にしておく事が望ましいと言えます。
整髪料などがついている状態ですと浸透も悪くなりますのできちんと汚れを
取り除いておく事が大切です。

 

シャンプー後にはしっかりと水気を取り、濡れた状態の髪の毛に塗布していきますが、
その際には隅々まで塗り込む為にも素手で行うのも良いと言えます。
カラーリング剤と違って素手でも安心して利用する事ができますし、塗り終えた後には
しっかりと手を洗えば色が残ってしまう事もありません。

 

髪の毛に塗り終えたらラップやタオルで髪の毛を包む事になります。
温度が下がってしまう事によって染まりが悪くなりますので、しっかりと保温を行う事が大切です。
また、ドライヤーで熱を加えてからラップなどを巻く事で保温効果もアップしますので、
一手間加えてみるのも良いのではないでしょうか。

 

以上が染める為の下準備になりますが、ラップなどで髪の毛を包んだらその後は
しばらく放置する事になります。
通常のカラーリング剤よりも染まるスピードが遅いという事もあり、数時間は放置する必要があります。
その為、時間に余裕のある時に行うようにした方が良いですね。

 

数時間放置したら洗い流す事になりますが、しっかりと洗い流さないと枕などに色が移ってしまいますので、
できれば2度洗いをする事が大切ですし、また、数日間は枕にタオルなどを敷いて寝た方が安心ですね。

 

今度、自分でヘナを初めて使おうとしていらっしゃる方は、どのような方法でヘナを使用すればよいのか
お分かり頂きましたでしょうか?

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法