若白髪 原因

若白髪の原因などあったら教えて下さい。栄養不足?睡眠不足?

若白髪の原因などあったら、知りたくありませんか?
若白髪はなぜ生えるのでしょう。

 

そもそも、白髪はある程度の年齢と共に出てくるもので、白髪になる主な原因は
加齢等によって、メラニンの元となるチロシンの減少とメラノサイトの活動・機能不全
によるメラニン色素の生成出来なくなり白髪が増えます。

 

しかし、10・20代で白髪が出てくる場合があり、これが若白髪で、性別を問わず
悩んでいる人が多くいます。

 

一般的に白髪は加齢によるものですが、10・20代の若白髪の原因として
考えられているのが、遺伝、ストレス、生活習慣も乱れ、ダイエット等による
栄養不足、病気等です。

 

中でも若白髪は、遺伝的要因が大きいものだと言われていますが、実際には
複数の原因が相互に絡んでいることも多いのが特徴です。

 

遺伝によって起こる白髪は、メラニン色素が髪に送り込まれにくいという体質にあると
考えられており、医学的には完全には証明されていないものの、海外の統計情報では
白髪と遺伝の因果関係の高さがいくつか示されています。

 

ストレスは自律神経の乱れを招き、ノルアドレナリンを分泌し血管を萎縮させることにより、
毛髪の毛母細胞の働きが衰え、チロシンの輸送やメラノサイトの機能にも影響を与えます。
それにより髪にダメージを与えることになり、白髪や脱毛の原因となります。

 

不規則な生活や睡眠不足は、自律神経のバランスを乱します。
自律神経は、成長ホルモンの分泌や全身の血行等もコントロールしてる為、
自律神経が乱れると新陳代謝や血行が悪くなることから髪にもマイナス効果です。

 

また、栄養不足も白髪になる可能性があります。
ビタミン、ミネラル、たんぱく質の不足で内臓の働きが衰え、
血流量が低下することが原因です。

 

中でもミネラルは、メラニン色素に非常に深く関係していると言われており
、ミネラル不足が不足するとメラニン色素がうまく生成出来ず、白髪に
なってしまいます。

 

胃腸疾患、甲状腺異常、貧血症等の病気で白髪が増えることがあり、
薬の副作用で白髪になることも少なくありません。

 

短期間で急に白髪が増えた場合は、このような病気に該当する可能性がある為、
医療機関を受診し、必要があれば適切な検査や治療を受けることが必要です。
若白髪で悩んでいる人は、まずは原因究明をすることです。

 

一度白髪になってしまった髪は、黒髪に戻すことはなかなか難しい為、まずは
白髪にならないように心がけるのが、最大の白髪対策です。

 

その為には、ストレスに対抗するエネルギー源となるビタミン、ミネラル、タンパク質の
多い食事を心がけることと、髪の素となる様々な細胞は夜寝ている間に作られる為、
しっかりと睡眠をとり、規則正しい生活を送ることが大切です。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法