白髪染め 頻度

白髪染めの使用頻度って? 費用と手間を考えて染めてます!

白髪染めは、白髪が目立ち始めた時の心強い味方です。
白髪を抜く人もいますが、抜くと頭皮や毛根を傷つけることになってしまいます。
さらに、生活習慣を改善したりマッサージをしたりして白髪を減らそうとされる方もおられますが、
効果が出るまでにだいぶ時間がかかってしまうものです。

 

そのため、すぐに美しい黒い髪を取り戻したい場合には、白髪染めほど即効性のある
対策はないのです。
しかし、白髪染めもヘアカラーの一種となりますので、あまり染める頻度が多いのは
髪や頭皮にダメージを与えてしまうのです。

 

白髪染めをする理想となる頻度は、二ヶ月に一回程度です。
髪の毛が伸びる日数を考慮すると、これくらいの頻度がきれいな髪を保つ期間になります。
これ以上の頻度となると、髪が傷んでしまうだけではなく、手間もかかりますし費用もかかってしまうのです。
そのため、デメリットが多くなってしまうため注意が必要です。

 

また、美容院に行って染めないで自分で染める場合には、長めに間隔をあけて染めることが大切です。
その理由は、白髪染めを自分ですることになると、自分では見えない部分を染めようとした際に、
ムラを嫌がる素人はどうしても使う量が多くなってしまうからです。

 

そうなると、頭皮に接する白髪染めの量も増えてしまうため、頭皮に対してあまりよくありません。
そのため、なるべく期間をあける必要があるのです。
美容院で染めてもらう場合には、二ヶ月に一回美容院にいき、その間に伸びてきた
気になった部分だけ自分で部分染めをするというのも一つの手です。

 

この方法ですと、美容院に行くメリットの、ムラができない、適量の染液で染めることができるという
美容院ならではのメリットと、気になったらすぐに染めることができる、という自分で染める場合の
メリットの両方を得ることができるのです。

 

芸能人などは、2週間から3週間に一度は白髪を染めているとも言われています。
芸能人の場合は、傷まないように高級なトリートメントをたくさん使用したりして、
特に気を使っていると思いますが、そのような頻度で美容院で染めると、
お金がいくらあっても足りません。

 

そこは、芸能人は見られる仕事ですので同じに考えてしまうと大変なことになってしまいます。
また、自分で染めるのは意外と難しいものです。
なかなか、自分の思い通りにはいかない場合もありますし、ムラができがちで何度もやり直しをしがちですが、
染める頻度が多いと傷んでしまうので注意が必要です。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法