白髪染め 脱色作用

白髪染めは脱色作用があって、髪を傷めるって本当?

白髪染めの種類によっては脱色作用があります。
また、一般的な市販の白髪染めヘアカラーの場合にも、脱色作用があります。

 

ヘアマニキュアのタイプの製品には脱色作用はありません。
一般的な市販の白髪染めの場合、アルカリ性酸化染毛剤のものが多くなっています。

 

このタイプのヘアカラーの場合、いったん毛髪のメラニン色素を脱色し、そのあとに
染料を髪の毛の内部にまでしっかり入れることで全体の髪の毛をムラなく染めることが
できるようになっています。

 

染料がしっかり髪の毛の中に入りますのでしっかりと染めることができますし、
好みの色に染めることができます。
なので、ムラなく染めることができますし、色持ちもよくなっています。

 

しかし、脱色作用のある白髪染めの場合には、体質によってはかぶれやすくなります。
髪の毛や地肌が傷みやすくなりますし、継続して利用していることで今まで大丈夫だった
ものでもアレルギー反応が出てくることがあります。

 

そのため、毎回パッチテストが必要となります。
白髪染めといってもヘアマニキュアの場合には、髪の毛の表面にコーティング
するようにして染めていく形になります。

 

そのため、毛髪へのダメージが殆んどなく、髪や地肌のダメージを受けずに
白髪染めを行うことができます。
ただし、色持ちが悪く、染めムラも起きやすくなります。

 

脱色作用のある白髪染めを使うことに抵抗のある方は、ヘアマニキュアの
タイプのものを使用するとよいです。
トリートメントタイプのものやシャンプータイプのものもあります。

 

ヘアマニキュアのタイプの場合には、毎日のように使っても髪や地肌を傷めることがありません。
むしろ髪の毛を丈夫に美しく、ツヤやハリがある髪の毛にしていくことができます。

 

一回でムラなく綺麗に染めるのは難しいですが、毎日のように使うことができますので、
生え際の白髪なども気楽に染めることができます。

 

髪や地肌に優しいですから、白髪染めをしたときに地肌のかゆみなどが気になる方に
とっても便利に使用することができます。

 

脱色作用のあるタイプと無いタイプの特徴を知って使い分けをすることで
上手に白髪ケアをすることができます。
ヘアマニキュアのタイプの製品は、店頭で手に入りにくいものもあります。

 

店頭で探すよりも、インターネットを利用して探したほうが自分好みのものを
手に入れることができます。
脱色作用がないものを使いたいという方は、情報収集や購入方法を工夫すると良いです。

 

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法