白髪染め パッチテスト

白髪染めのパッチテストって、やっぱり必要なものなの?

若い内から白髪が生えてくるケースもありますので、年齢問わず白髪を気にされている方は
いらっしゃいますが、白髪対策の為に役立つのが白髪染めですよね。
自宅で簡単に白髪染めを行う事ができますし、さらにはコストも安いという事もあり、
お得に染める事ができます。

 

とても便利な白髪染めですが、利用する際にはパッチテストをした方が良いのか
気になってしまう事がありますよね。
基本的には安全性が確保された物が販売されている訳ですので、パッチテストをしなくても
良いような気がするものですが、しかしながら安全性が気になる時にはしっかりとパッチテストを
行っておいた方が良いと言えます。

 

人の肌状態というのは人によって違っている訳ですので、いくらメーカーによって事前確認が
されている場合でも、肌トラブルを起こす可能性がある方はゼロではありません。
特に敏感肌の方の場合は人一倍お肌が弱くなっている状態になりますので、
白髪染めをする際には安全の為にもパッチテストを行っておいた方が安心と言えます。

 

因みにパッチテストのやり方ですが、薬剤を作ったら二の腕の内側や太ももなどの
目立ち難い部分に薬剤を塗布し、その後48時間は放置します。
その際には薬剤を塗布した部分を濡らしたり擦ったりしない事が大切です。
また、できれば入浴を控えた方が安心と言えます。

 

パッチテストの際には30分程度たった時にも一度チェックしておく事が大切と言えます。
人によってはすぐに反応が出ますので30分で一度チェックし、そして48時間後にも
チェックしてみる必要があります。
もちろんその間にかゆみなどが出てしまった時には速やかに洗い流し、かぶれなどの症状が
長引く時には医師に談してみる事も大切ですね。

 

因みに白髪染めをする際には、薬剤を塗布する定番の物を利用される方も多いのですが、
他にも白髪染めの方法があります。
例えば白髪染め効果のあるシャンプーやトリートメントを利用する方法です。
通常のシャンプーと同じように利用する事によって簡単に白髪染めをする事ができますし、
髪にも優しいという事もあり人気があります。

 

また、お風呂場で利用する訳ですので、壁や床などを汚してしまう心配がないというメリットもあるのです。
他にもヘナを利用するという手もあります。
ヘナは髪染め効果のある植物を粉末にした物ですが、化学成分によって作られた白髪染めと違って
髪の毛や頭皮にダメージが無いという事もあり、安心して利用する事ができます。

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法