白髪染め アレルギー

白髪染めのアレルギーがつらい 頭皮がマケない対策はこれです

白髪染めのアレルギー反応にはいろいろあります。
おもなものでは頭皮がかゆくなったり、痛みや赤くなるなどの症状がよく見受けられます。
ひどいケースになりますと湿疹を発症したり、息がしにくくなったり、血がとまらなくなったりします。

 

これは、白髪染めに含まれている化学物質が、このようなアレルギーを引き起こしています。
この化学物質は、実はほとんどの白髪染めに使用されています。
気をつけて頂きたいのが、一度アレルギーの症状が出てしまいますと、その白髪染めはもう使えません。

 

というのも、その化学物質に免疫ができてしまい、もっと強いアレルギー反応を生み出してしまうためです。
呼吸困難を起こしたり、ショック状態になると、生命にかかわります。
そのような急性の反応が現れない場合でも、病院に行って医師に調べてもらうのが確実です。

 

二つの染料を混ぜて用いる種類の白髪染めで、額やまぶた、首筋やうなじがかゆくなったり
違和感を感じた場合には、化学物質のアレルギー反応の疑いが強くなります。
頭皮が少ししみるような場合は、アルコールなどの、化学物質以外の成分が頭皮に刺激を
与えている可能性があります。

 

このようなときも、白髪染めの使用をすぐに中止するべきです。
使用を中止しても、毛髪にはまだ化学物質が残っています。
自分の手で触れないことはもちろんですが、子供が髪をいじらないようにも注意する必要があります。

 

私もそうでしたが、はじめて白髪染めを使うときには、パッチテストを行うと
アレルギー反応の予防になります。
ほとんどの染料やヘアマニキュアには化学物質が含まれています。
ですが、アレルギーがつらい人でも使用できる白髪染めがあります。

 

実は化学物質が使われていない種類(白髪染め)があるんです。
植物の染料を用いたタイプですが、この白髪染めは、匂いが気になったり、自然な風合いの色が
うまく表現されていない場合があります。

 

それ以外の種類で頭皮が負けないものには、ヘアカラートリートメントタイプがあります。
天然の成分が使われていますので、当然化学物質は混合されていません。
クチナシやウコンなどから抽出された成分が含まれているからなんです。

 

そのほかに、抜け毛を予防する成分や育毛に役立つ成分が加えられています。
髪を染めながら、髪にうるおいやツヤを与えます。
刺激が少なくて安全ですが、一度の使用で染め上げるタイプの染料ではないですが、
使っていくほどに色が落ち着いていくことに気づくはずです。

 

種類によって違いがありますが、髪に色が入るまで三日から一週間程度は必要になります。
現在は、天然素材で作られた白髪染めがたくさんあるので、アレルギー反応から、
さよならできる、自分に合うタイプにきっと出会えるはずです。 

白髪染めのアレルギーがつらい 頭皮がマケない対策はこれです記事一覧

白髪染めのパッチテストって、やっぱり必要なものなの?

若い内から白髪が生えてくるケースもありますので、年齢問わず白髪を気にされている方はいらっしゃいますが、白髪対策の為に役立つのが白髪染めですよね。自宅で簡単に白髪染めを行う事ができますし、さらにはコストも安いという事もあり、お得に染める事ができます。とても便利な白髪染めですが、利用する際にはパッチテス...

 

白髪染めでかゆみの出ない商品はココが違う!

白髪染めによるかゆみを感じたときには、その製品が合っていないことが考えられます。合わない白髪染めを使っていると頭皮のトラブルも出てきますし、薄毛などのトラブルにも繋がりますので速やかに使用を中止しましょう。白髪染めでかゆみが気になるのであれば、トリートメントタイプの白髪染めなど安心して使えるものを選...

 

白髪染めをしたら頭皮がヒリヒリしてかゆくなるんです!

白髪染めをすると、1週間くらいは頭皮がヒリヒリするのですが、これは仕方が無いのかな?母が以前、言っていたんです。白髪が気になるから白髪染めを使う、多くの方がしていることですが、白髪染めは髪や頭皮に負担がかかります。白髪染めには種類があり、薬剤を混ぜて使うようなタイプは白髪がしっかりと染まりますが刺激...

 

管理人から伝えたいこと

白髪染めとは

白髪染めの選び方

白髪染めの染め方

美容院

アレルギー

ヘナ

汚れ落ち

安全性

成分

白髪の知識あれこれ

白髪の年齢ごとの対処法